fukuokashihigashiku-monowasure-ninchishou

福岡市東区で物忘れの相談ができる病院なら迅速な診断が可能な【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】

福岡市東区で物忘れの相談ができる病院なら迅速な診断が可能な【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】

福岡市東区物忘れについて相談するなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へお越しください。【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は脳神経外科医として大学病院などで20年以上勤務してきた専門医が診療しており、脳卒中や認知症、頭痛などに対応しております。

最新のMRI装置やマルチスライスCTスキャンを導入しており、受診当日に検査を行うことが可能です。入院設備はないため、入院や手術などが必要な場合には連携している病院をご紹介いたします。

福岡市東区で物忘れにお悩みなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ~認知症の中核症状と周辺症状について~

福岡市東区で物忘れにお悩みなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ~認知症の中核症状と周辺症状について~

福岡市東区で物忘れの相談ができる病院をお探しなら、【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】にご来院ください。

物忘れは認知症の代表的な症状です。認知症の症状には中核症状と周辺症状があります。

中核症状とは脳の神経細胞の破壊によって生じる症状です。具体的には物忘れや判断力の低下、時間や場所、人の名前が分からなくなる見当識障害などがあります。

周辺症状は脳の障害だけでなくその人の性格や人間関係などが影響を与え、接する人や日時によっても症状が異なるのが特徴です。症状はさまざまで不安感や憂うつな気分、無気力などの精神面の症状や、徘徊・暴力といった行動面での症状が現れます。

このような症状が見られる認知症の方へ接する時には、何度も同じことを話しても怒ったり否定したりしないようにしましょう。本人にとって怒られたり否定されたりする感覚ばかりが強調され、うつ傾向につながることもあります。本人を安心させる声かけをしながらサポートできるとよいでしょう。

また、生活しやすい環境を整えることもポイントです。本人と相談しながらカレンダーやメモなどを活用し、忘れてしまうことをカバーする工夫をしてみましょう。薬の管理については注意が必要です。加齢に伴い何種類もの薬を内服している方の場合、家族やヘルパーが管理して飲み忘れや飲み過ぎを防ぐようにします。薬を渡すだけでなく、きちんと内服するところまで確認しましょう。

福岡市東区で物忘れについてお悩みなら、【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】にご相談ください。一人ひとりの患者様に寄り添った診療が特徴のクリニックです。

お役立ちコンテンツ

福岡市東区で物忘れにお悩みなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ

名前 よしむら脳神経外科・頭痛クリニック
住所 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6丁目13 東区箱崎6-13-3 メディカルテラスHAKOZAKI
電話番号 092-632-2288
URL http://www.yoshimura-neuroclinic.com

本クリニックについて

よしむら脳神経外科・頭痛クリニックは、福岡市東区にある脳神経外科のクリニック(医院)です。地下鉄で来院される場合が、箱崎九大前駅で降りてください(駅より徒歩約3分)。バスで来院される場合は、箱崎松原バス停にて下車してください(バス停より徒歩3分)。

電話番号

092-632-2288
地図を見る

診療時間

午前:9時~12時30分
午後:14時30分~18時

休診日

木・土曜日の午後
日曜祝日

新患の方は予約不要

院長について

院長:吉村文秀

・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本脳神経外科学会認定指導医

ACCESS TO PROFILE

ページの先頭へ戻る