hakata-noushinkeigeka-gairai

博多の脳神経外科なら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】!名医たらずとも良医たれという理念に基づく患者様に寄り添った診療が特徴

博多の脳神経外科なら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】!名医たらずとも良医たれという理念に基づく患者様に寄り添った診療が特徴

博多脳神経外科【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は、箱崎九大前駅から徒歩3分の立地にございます。頭痛や脳卒中、物忘れ、パーキンソン病などの診療を行っております。

また、脳卒中の原因として高血圧や高脂血症、糖尿病などが関与しており、それらを予防・コントロールする治療も行っているのが特徴です。

名医たらずとも良医たれ」という言葉を胸に、患者様に寄り添った丁寧な診療を行っております。最新の検査機器を導入しており、症状の原因を明らかにすることができるでしょう。頭痛外来をお探しの方にも適したクリニックです。

博多の脳神経外科を受診するなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ!脳震盪を起こした後には専門外来の受診を

博多の脳神経外科を受診するなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ!脳震盪を起こした後には専門外来の受診を

博多の脳神経外科を受診するなら脳神経外科の専門医が診療を行う【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】をご利用ください。脳震盪などの頭部外傷にも対応しております。

脳震盪は特に多い頭部外傷で、格闘技だけでなく野球やスキーなどのスポーツの最中に起こることも多いです。脳震盪の症状には意識消失や頭痛、めまい、吐き気などに加えて集中困難や情緒不安定などの精神的な症状がみられることもあります。

これらの症状や記憶障害、言葉がなかなか出てこないといった症状が残っている場合には、早めに専門外来を受診しましょう。

頭部外傷において注意が必要なのはセカンドインパクト症候群です。1回目の脳震盪を起こした後に頭痛やめまいなどの症状が残っている場合や、脳の機能が完全に回復していない状態で2回目の衝撃が加わった場合、それが軽微な衝撃であっても致命的なダメージになってしまうことがあります。これがセカンドインパクト症候群です。

セカンドインパクト症候群にならないためには、脳震盪の症状が回復するまで安静にし、専門医の指示に従ってスポーツなどを再開することが必要です。脳震盪はよくあることだと軽視するのではなく、受傷後にはきちんと専門外来で診察を受けるようにしましょう。博多にある【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】なら、脳震盪などの頭部外傷にも対応しております。気になる症状がある方は早めにご来院ください。

お役立ちコンテンツ

博多で脳神経外科をお探しなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ

名前 よしむら脳神経外科・頭痛クリニック
住所 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6丁目13 東区箱崎6-13-3 メディカルテラスHAKOZAKI
電話番号 092-632-2288
URL http://www.yoshimura-neuroclinic.com

本クリニックについて

よしむら脳神経外科・頭痛クリニックは、福岡市東区にある脳神経外科のクリニック(医院)です。地下鉄で来院される場合が、箱崎九大前駅で降りてください(駅より徒歩約3分)。バスで来院される場合は、箱崎松原バス停にて下車してください(バス停より徒歩3分)。

電話番号

092-632-2288
地図を見る

診療時間

午前:9時~12時30分
午後:14時30分~18時

休診日

木・土曜日の午後
日曜祝日

院長について

院長:吉村文秀

・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本脳神経外科学会認定指導医

ACCESS TO PROFILE

お知らせ

  • 臨床検査技師を募集しております。詳細は当院受付にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る