kasuya-noushinkeigeka-ninchishou

脳神経外科は糟屋からもアクセスしやすい【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】!脳卒中・頭痛、認知症などに対応可能

脳神経外科は糟屋からもアクセスしやすい【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】!脳卒中・頭痛、認知症などに対応可能

脳神経外科をお探しなら、糟屋のおとなり福岡市東区にある【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へお越しください。駐車場を完備しているため、お車での来院も可能です。

脳神経外科の専門医が診療しており、脳卒中や頭痛、認知症、脊髄疾患などに対応しています。受診当日にMRI等の検査を行うことができ、当日に結果をお伝えできることもあります。

福岡市や糟屋で頭痛にお悩みの方や認知症の相談をご希望の方は、ぜひ【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へご連絡ください。

糟屋から近い脳神経外科の【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】~椎間板ヘルニアは早めの受診がおすすめ~

糟屋から近い脳神経外科の【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】~椎間板ヘルニアは早めの受診がおすすめ~

糟屋から近い脳神経外科の【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】では、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった脊髄疾患の診療も行っております。

ヘルニアとは、体内にある臓器が本来あるべき場所から出てしまった状態のことをいいます。でべそもヘルニアのひとつです。一般的によく耳にするのは、おそらく椎間板ヘルニアでしょう。

椎間板ヘルニアとは、背骨のつなぎめでクッションの役割をしている椎間板の中にある髄核という組織が、外に飛び出してしまった状態です。椎間板は加齢に伴って老化していき、急に重い物を持った時や中腰の姿勢、激しいスポーツなどをきっかけに発症します。

椎間板ヘルニアの症状は足の痛みやしびれ、腰痛、麻痺などです。また、尿や便が出にくくなったり頻尿になったりする場合もあります。ヘルニアを悪化させないためにも、腰痛や足のしびれを感じた場合は、すぐに病院を受診することをおすすめします。重いヘルニアの場合を除いて、痛みをとる薬での治療やコルセットなどの装具療法、リハビリテーションが主な治療方法です。

椎間板ヘルニアを予防するためには、腰への負担を避けることがポイントになります。それが難しい場合にはコルセットなどをあらかじめ装着して保護しておくのもよいでしょう。また、腰への負担に耐えうる身体づくりも大切です。筋肉を鍛えたり柔軟性を上げたりする運動やストレッチを取り入れるとよいでしょう。

お役立ちコンテンツ

糟屋で脳神経外科をお探しなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ

名前 よしむら脳神経外科・頭痛クリニック
住所 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6丁目13 東区箱崎6-13-3 メディカルテラスHAKOZAKI
電話番号 092-632-2288
URL http://www.yoshimura-neuroclinic.com

本クリニックについて

よしむら脳神経外科・頭痛クリニックは、福岡市東区にある脳神経外科のクリニック(医院)です。地下鉄で来院される場合が、箱崎九大前駅で降りてください(駅より徒歩約3分)。バスで来院される場合は、箱崎松原バス停にて下車してください(バス停より徒歩3分)。

電話番号

092-632-2288
地図を見る

診療時間

午前:9時~12時30分
午後:14時30分~18時

休診日

木・土曜日の午後
日曜祝日

新患の方は予約不要

院長について

院長:吉村文秀

・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本脳神経外科学会認定指導医

ACCESS TO PROFILE

ページの先頭へ戻る