hakata-noushinkeigeka-nousotchuu

博多の脳神経外科【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は脳卒中や物忘れ、頭痛などの相談ができる病院

博多の脳神経外科【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は脳卒中や物忘れ、頭痛などの相談ができる病院

博多にある脳神経外科【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は、脳神経外科の専門医が診察しており、脳卒中や物忘れ、頭痛などに対応しています。

他にもパーキンソン病や椎間板ヘルニアといった脊髄疾患の相談も可能です。受診当日にCTやMRIの検査を行うことが可能で、迅速な診断を行うことができます。そして、丁寧な診療と分かりやすい説明が特徴の病院です。

博多の脳神経外科がご紹介する脳卒中の種類と原因

博多の脳神経外科がご紹介する脳卒中の種類と原因

博多の脳神経外科【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】では、脳卒中を予防するために高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病のコントロールにも力を入れています。

脳卒中は虚血性脳卒中と出血性脳卒中に分けられます。虚血性脳卒中とは、脳の血管が狭くなったり詰まったりすることで生じる脳梗塞や一過性脳虚血発作などです。それに対して出血性脳卒中とは、脳の血管が破れて生じる脳出血やくも膜下出血などをいいます。

これらの脳卒中を引き起こす主な原因は動脈硬化です。動脈は身体の隅々にまで酸素や栄養分を運ぶ血管ですが、年齢を重ねるにつれて弾力性がなくなり硬くなってしまいます。高血圧の方の場合、血管に常に大きな圧力がかかり血管を損傷させ、動脈硬化を進行させてしまうのです。また高脂血症の方の場合、血管の内側にコレステロールなどが蓄積し、血液の流れが悪くなってしまいます。この状態も脳卒中のリスクを高めるのです。

糖尿病を患っている方も注意が必要で、血糖値が高い状態が続くと血管を傷つけ脳卒中を起こしやすくなります。したがって脳卒中を予防するためには生活習慣病を適切に治療し、コントロールしていくことが重要です。博多の脳神経外科である【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】では、生活習慣病の診療も行っております。生活習慣病に伴う脳卒中を予防したいという方は、ぜひご相談ください。

お役立ちコンテンツ

博多で脳神経外科をお探しなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ

名前 よしむら脳神経外科・頭痛クリニック
住所 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6丁目13 東区箱崎6-13-3 メディカルテラスHAKOZAKI
電話番号 092-632-2288
URL http://www.yoshimura-neuroclinic.com

本クリニックについて

よしむら脳神経外科・頭痛クリニックは、福岡市東区にある脳神経外科のクリニック(医院)です。地下鉄で来院される場合が、箱崎九大前駅で降りてください(駅より徒歩約3分)。バスで来院される場合は、箱崎松原バス停にて下車してください(バス停より徒歩3分)。

電話番号

092-632-2288
地図を見る

診療時間

午前:9時~12時30分
午後:14時30分~18時

休診日

木・土曜日の午後
日曜祝日

院長について

院長:吉村文秀

・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本脳神経外科学会認定指導医

ACCESS TO PROFILE

お知らせ

  • 臨床検査技師を募集しております。詳細は当院受付にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る