fukuokashihigashiku-monowasure-senmon

福岡市東区で物忘れの相談をするなら脳神経外科の診療を専門に行うクリニックへ!

福岡市東区で物忘れの相談をするなら脳神経外科の診療を専門に行うクリニックへ!

福岡市東区物忘れが多くなった、と不安に感じている方は【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へご相談ください。【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】は、脳神経外科の診療を専門に行うクリニックで、分かりやすく丁寧な診療を行っております。

また、CT、MRの検査が必要な場合は受診当日中に検査が可能な機器を導入しているため、迅速に結果説明を行うことが可能です。

認知症を引き起こす病気は複数ありますが、原因によっては症状が改善することもあり、正確な診断が重要になります。【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】なら、適切な検査と脳神経外科の専門医による診断により原因を確認することが可能です。

入院や手術が必要な場合には近隣の総合病院と連携し、治療を継続できる体制が整っています。

福岡市東区で物忘れについてお悩みなら早めに脳神経外科の外来へ!加齢による物忘れと認知症による物忘れの違いとは

福岡市東区で物忘れについてお悩みなら早めに脳神経外科の外来へ!加齢による物忘れと認知症による物忘れの違いとは

福岡市東区で物忘れについてお悩みなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】の外来へお越しください。認知症である場合には、早期発見・早期治療が大切です。

認知症の症状として特徴的なのは、物忘れです。加齢による物忘れと認知症による物忘れには、いくつか異なる点があります。加齢による物忘れの場合は本人に自覚があり、ヒントがあれば忘れていた部分の出来事を思い出すことも可能です。

それに対し、認知症による物忘れの場合には忘れているという自覚がなく、体験した出来事すべてを忘れてしまいます。物忘れは進行していき、日常生活に支障をきたすこともあるのが特徴です。ご家族が同じことを何回も繰り返し聞いてきたり、外出先から帰宅するのが難しくなったりする場合には早めにご相談ください。整理整頓ができなくなったり、以前興味があったことに関心がなくなったりするのも認知症の症状のひとつです。

認知症の約6割を占めるアルツハイマー型認知症には、生活習慣が関与しています。脳の状態を良好に保つ生活をすることで、認知症の発症リスクを減らすことができると考えられているのです。

具体的には野菜や果物、魚を摂取し、週3日以上の有酸素運動を行うことが推奨されています。また睡眠もポイントで、睡眠不足だと認知症になりやすく、昼寝をする場合にも30分程度であれば認知症発症のリスクを減らすことができるというデータもあります。そして、人と接して会話をしたり、文章を読んだり書いたりすることも大切です。

福岡市東区で物忘れについて相談するなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】をご利用ください。一人ひとりの患者様に合わせた診療を行います。

お役立ちコンテンツ

福岡市東区で物忘れにお悩みなら【よしむら脳神経外科・頭痛クリニック】へ

名前 よしむら脳神経外科・頭痛クリニック
住所 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6丁目13 東区箱崎6-13-3 メディカルテラスHAKOZAKI
電話番号 092-632-2288
URL http://www.yoshimura-neuroclinic.com

本クリニックについて

よしむら脳神経外科・頭痛クリニックは、福岡市東区にある脳神経外科のクリニック(医院)です。地下鉄で来院される場合が、箱崎九大前駅で降りてください(駅より徒歩約3分)。バスで来院される場合は、箱崎松原バス停にて下車してください(バス停より徒歩3分)。

電話番号

092-632-2288
地図を見る

診療時間

午前:9時~12時30分
午後:14時30分~18時

休診日

木・土曜日の午後
日曜祝日

院長について

院長:吉村文秀

・日本脳神経外科学会認定専門医
・日本脳神経外科学会認定指導医

ACCESS TO PROFILE

お知らせ

  • 臨床検査技師を募集しております。詳細は当院受付にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る